一般家庭向きなねずみ退治の方法とグッズ

一般家庭向きなねずみ退治の方法とグッズ

大切に住んでいた家でも、築年数が増してくると、ねずみが棲み着いてしまうこともあります。餌場があり、巣作りのできる場所があれば、どこにでも入り込んで、繁殖してしまうので油断がなりません。家具を囓られたり、食べ物を荒らされるのも困りものですが、人体に悪影響を及ぼすこともあります。
そうならないうちに退治しなければなりません。


素人でも実践できる方法はいくつかあるので、知っておきましょう。
今はドラッグストアやホームセンターでねずみ退治の道具を見つけることができます。

これからはねずみ退治の方法関連情報サイトです。

すぐに目に付くのが、バネ式の罠でしょう。


テレビや本などで見たこともあるでしょうが、この機械は挟み込む力で個体を圧殺してしまいます。設置するのはラットサインがある場所や、通り道を塞ぐように置いておきます。

くり返し使用することができるので、経済的と言えるかもしれません。
カゴ式の罠は、閉じこめて捕まえる仕組みになっています。


ただし、設置にそれなりのスペースが必要になるので、個人宅には向かないかもしれません。


また、生け捕りにするので、その後、自分の手で殺処分しなければならないのが、面倒に感じると思われます。



粘着シートタイプの罠は、もっとも使い勝手がよいと感じるでしょう。
これもバネ式と同様に、ねずみの通り道などに設置します。

シートは安価なのですが、きちんと餌場や通路に置いておかないと効果を発揮しません。

時間が経つとほこりなどが付いて、使い物にならなくなるので注意が必要です。毒餌は昔からある方法ですが、今でも十分有効です。
最近はそのまま置くだけで、ねずみに食べさせられる物が売っているので、それを利用すれば簡単に済みます。


これまであげてきた退治方法は、被害の初期段階で有効な手段です。



数が多かったり、巣を作っている気配があるなら、駆除業者に頼んだ方が無難でしょう。

  • ネズミ駆除の関連情報

    • 家にねずみが出てしまった場合には、対策をしなければなりません。しかし、業者に依頼している時間もお金の余裕もない。...

      detail
  • ネズミ駆除のためになる情報

    • ねずみ退治をしたい、けれど生きている姿は見たくない、殺すのは嫌、生け捕りにして退治の実感を得たいなど人によって思いはそれぞれです。自分に合った方法を選択する必要があります。...

      detail
  • ネズミ駆除の補足説明

    • ねずみは繁殖力が強く、放置しているとすぐに数が増えてしまいますから、できるだけ早く退治をする必要があります。古い家だからねずみの一匹や二匹いても問題ないと思っている人もいるかもしれませんが、ねずみが配線をかんで漏電や停電、火災を引き起こす危険性もありますし、ノミやダニ、細菌などを保有していますから、皮膚病やアレルギー、感染症の危険性もあるため、退治することが大切です。...

      detail
  • ネズミ駆除について思うこと

    • ねずみ退治を業者に依頼すると費用がかさみますので、まず自分で退治しようと考える方もいるはずです。そこで知っておきたいのが自分でできるねずみ退治の方法です。...

      detail